​ネイリスト専用レンタルサロン 「モンレーブ」
住所:〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2丁目11−2 スカイメナー 横浜ビル316号室
TEL:045-662-8330
運営会社:株式会社フォワード・グッド
最寄り:横浜駅徒歩3分
・JR東日本 横浜駅
・横浜市営地下鉄ブルーライン 横浜駅 
・東急東横線 横浜駅 
・京急線 横浜駅
​・相鉄線 横浜駅

ネイルサロン開業にはレンタルスペースが最適?開業におけるさまざまなスタイル

November 25, 2018

ネイルサロンを開業するには店舗や自宅での開業、あるいは、レンタルスペースでの開業などさまざまな方法があります。

 

このうち初めて開業にチャレンジするのなら、レンタルスペース開業型が適しているといえます。

 

ではそれはどうしてなのでしょう。ここではその理由や他の開業のスタイルとの違いを、メリットやデメリットを交えてお伝えします。

 

 

ネイルサロンの開業におけるさまざまなスタイル

 

では、具体的にネイルサロンを開業するにはどんなスタイルがあるのでしょうか。

 

さまざまな方法はありますが、主なスタイルは、店舗開業型、自宅開業型、レンタルスペース開業型などが考えられます。

 

まず、店舗開業型は文字通り店舗を賃貸するなどして開業する方法です。

 

店舗賃貸費や内装工事代どどの程度かけるのかによっても異なりますが、一定のまとまった資金が必要となります。

 

次に、自宅開業型ですが、これは賃貸で場所を借りるなどするのではなく、自宅に一部でネイルサロンを開業するスタイルで、施術用の椅子や机、ネイル用品一式があれば開業することができます。

 

このため、賃貸費用や工事費用は必要がなく、比較的手軽に始められる開業方法といってよいでしょう。

 

そして、近年増加傾向にあるのが、レンタルスペース開業型です。

 

これは、もともと料理をするためのキッチンや、学生やフリーランスの人が勉強や仕事の目的で利用できるようにワーキングスペースを提供しているものでしたが、最近では時間単位で借りることができるネイル専門のレンタルスペースも登場しています。

 

 

ネイルサロン開業におけるスタイル別のメリット

 

ネイルサロンのスタイル別のメリットとしては、まず店舗開業型の場合、立地条件によってはそれだけで集客力がある場合があり、看板などを設置するだけで認知してもらうことができ、広告宣伝費を抑制しながら、集客を見込むことができることにあります。

 

 

また、自宅開業型の最大のメリットは、店舗の賃貸契約や敷金や礼金、保証金などの必要もなく、自宅にすでにある電話やパソコンなどを使用することによって、初期投資を大幅に抑えることができることです。

 

ほかにも、自宅で開業するのであれば、都合のよい時間だけに予約を入れることで、家事や育児などで時間に制約があっても、空き時間に業務を行うことができます。

 

さらに、自宅が職場であれば、通勤の必要がないため、通勤費や通勤時間がかかることもありません。

 

そして、レンタルスペース開業型のメリットは、店舗型の立地とクオリティの高い室内空間を確保しつつ、使いたい時間だけ料金を払えばいいということでしょう。

 

店舗を構えるとなると初期投資として敷金・礼金などの物件取得費、内装費、備品代などがかかり、さらに毎月の運営費用として家賃、光熱水費、WiFiなどの通信費がかかります。

 

これらの費用がレンタルサロン ではかからないため、使いたい時間の分だけリーズナブルに利用すうることができます。

 

このため、比較的損益分岐点が低く、事業も軌道に乗りやすくなります。これは、さまざまな業界で一般的に開業から3年で開業した店舗の9割が閉店するといわれる中で、大きなメリットといえるでしょう。

 

 

ネイルサロン開業におけるスタイル別のデメリット

 

 

では、一方でネイルサロンのスタイル別のデメリットはどんなものでしょうか。

 

まず、店舗開業型の場合は、やはり初期費用の大きさがあげられます。

店舗を賃貸する場合には、少なくとも通常家賃の5~10倍程度の保証金や仲介手数料が必要になります。

 

また、店舗の賃貸では、改装が前提となることが多く、内装工事費用も高額になりがちです。

 

次に自宅開業型では、立地条件によっては集客力が弱いことが考えられます。

 

自宅が住宅街などであれば、知り合いの紹介などで固定客がある場合を除き、ネイルサロンがあるということを認知してもらうのも難しくなります。

 

さらに、顧客は自宅のトイレを利用しなければならなかったり、家族の生活音が聞こえたり、早朝や夜間の施術はできなかったりといったデメリットがあります。

 

最後に、レンタルスペース開業型のデメリットですが、これは専用のスペースではないということです。

 

多くのレンタルスペースでは、無難な内装で、もちろんレンタルである以上、トータルでコーディネートすることもできず、特色を出すのも難しくなります。

 

しかしながら、他の2つのスタイルと比較した場合、初期費用がかからないことや、立地条件の問題も少ないレンタルスペースは、開業の費用対効果の面ではもっとも優れているといえるのではないでしょうか。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

登録ネイリスト

7月19日に神奈川県より、
販路開拓や業務の効率化のために必要な費用の
3分の2を補助(上限50万円まで)
する助成金の募集が始まりました。
(締め切りは8月30日)
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/jf2/cnt/f538000/index.html

たとえば、新た...

神奈川県小規模事業者支援推進事業費補助金(50万円)のご案内

July 26, 2019

1/18
Please reload

新着ネイリスト
Please reload

ネイリスト登録日
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload