​ネイリスト専用レンタルサロン 「モンレーブ」
住所:〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2丁目11−2 スカイメナー 横浜ビル316号室
TEL:045-662-8330
運営会社:株式会社フォワード・グッド
最寄り:横浜駅徒歩3分
・JR東日本 横浜駅
・横浜市営地下鉄ブルーライン 横浜駅 
・東急東横線 横浜駅 
・京急線 横浜駅
​・相鉄線 横浜駅

ネイルサロンを開業する準備は?こんな資格や届出が必要です!

November 25, 2018

ネイルサロンは開業が簡単だと独立を目指す人が増えています。しかし、まったく届け出や手続きが不要なわけではありません。

 

少なくとも開業届は必要です。他にも必要な準備はたくさんあります。

 

このサイトを見に来られたのは、独立したいけれど何をすればいいか困っている人でしょう。

 

そんな人のために開業に絶対必要な準備をお教えします。

 

 

いざ独立!ネイルサロン開業に絶対必要な最低限の準備とは?

 

腕に覚えのあるネイリストであるなら独立を目指すのは当然のことです。ネイルサロンは開業に必要な準備が少なく利益率が高いとされています。

 

しかし、そんな容易とされているネイルサロンの開業でも、やはり最低限必要な準備はあります。まず必要なのが資金と店舗です。開業資金は店を構える条件によって大幅に変わります。人を何人雇うかでも違ってきます。自宅を利用したり、最初は自分一人で始めるなど費用を低めに押さえる方法もあります。

 

いろいろ準備するに当たって、やはり気になるのが必要な資格と届け出、そのための手続きでしょう。例えば美容室を開業するなら美容師免許と保健所への届け出が必要です。ネイルサロンでも、資格や届け出が必要と思われるのは当然です。

 

よく噂されているのが「ネイルサロンに資格は必要ない」「ネイルサロンは届け出や手続きなしで開業できる」などですが、このような噂は本当なのでしょうか?

 

結論から言えば、このような噂は間違いです。そんな間違いを元に開業してしまっては取り返しが付かないことになりかねません。失った信頼を取り戻すことは難しいのです。

そんなことに陥らないようにネイルサロン開業のための基礎知識をお教えします。

 

 

資格が不要なのは本当?ネイルサロン開業に必要な資格は何か

 

ネイルサロン開業のために絶対に必要な資格はありません。今のところネイリストには国家資格がないからです。

 

美容師における美容師免許のような資格はないのです。

だからといって資格が全く必要ないわけではありません。あくまで法的に必要がないだけなのです。

 

あなたが客の立場だとしたら資格0のネイリストのお店に行こうとするでしょうか?安心して通えるでしょうか?

 

繁盛しているネイルサロンをお手本にすれば、ネイリストの所持資格が表示されているのを見たことがあるはずです。

 

やはり安心して通っていただくためにも、最低限の資格は必要なのです。

当然、集客にも資格があることはプラスに働きます。

 

そんな信頼と集客を得る資格でも人気なのは次の2つです。

 

◆JNE主催『ネイリスト技能検定試験』

◆JNA主催『ジェルネイル技能検定試験』

 

この2つがネイリストの資格では一番有名です。できれば1級・上級以上を所持しておきたいですね。

 

『ネイルサロン衛星管理士』の資格も有利に働きます。厚生省が衛生管理に厳しくなっていますので、トラブルを未然に防ぐためにも必要ですね。

 

さらに店舗で他のネイリストに指導をするつもりであれば、『JNA認定講師』も所持しておくべきでしょう。

 

まとめますと必要な資格は次のようになります。

 

・ネイリスト技能検定試験

・ジェルネイル技能検定試験

・ネイルサロン衛生管理士

・JNA認定講師

 

全ての資格を取ることは難しいかもしれませんが、知識として覚えておくだけでも目指す方向が違ってきます。

 

 

何を申請すればいいの?これだけは必要!ネイルサロン開業の届出

 

ネイルサロン開業には、保健所や地方自治体への届け出は必要ありません。

 

やはり他の開業に比べると容易なのです。

 

そんなネイルサロンでも必要な届け出が、税務署への『開業届』です。

 

ネイルサロン開業の届出不要の噂では、わざわざ開業届なんて出す必要はないと言われています。

 

しかし、開業届けを出さないと後々、大変なトラブルに巻き込まれることになります。

 

ネイルサロンを経営すると所得を得ることになり税金が発生します。

届け出をしなければ税金を納めずにすむなんてことはありません。

税務署は必ず調査をするので、届け出なしでも税金は納めることになります。

 

開業届を出さずにいると、税務調査のために泣く泣く休業することになったり、納税ミスが発覚して追徴課税なんてことにもなりかねません。

 

どうせ納めるのであれば、事前に申請し節税のために「青色申告承認申請書」も出すべきでしょう。

 

所得税の確定申告には白色と青色の申告方法があり、最高で65万円の特別控除が受けられたり、純損失を3年間繰り越せるなどの節税効果があるのが「青色申告」です。

 

難しいとされていた青色申告ですが、現在では会計ソフトなどで簡単に行うことができますので積極的に利用しましょう。

 

開業届と青色申告承認申請書の2つを事前に提出しておくことでトラブルを回避しましょう。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

登録ネイリスト

7月19日に神奈川県より、
販路開拓や業務の効率化のために必要な費用の
3分の2を補助(上限50万円まで)
する助成金の募集が始まりました。
(締め切りは8月30日)
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/jf2/cnt/f538000/index.html

たとえば、新た...

神奈川県小規模事業者支援推進事業費補助金(50万円)のご案内

July 26, 2019

1/18
Please reload

新着ネイリスト
Please reload

ネイリスト登録日
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload