• オーナー

ネイルサロン開業で失敗したくない人必見!失敗しないための開業のコツ


ネイルサロンの新規開業は後を絶ちませんが、それ以上に廃業するネイルサロンも数多くあります。

成功するネイルサロンと失敗するネイルサロン、この2つには開業スタートの準備から違いがあります。

今、このページをご覧になっている人は「廃業するネイルサロン」にはしたくはないですよね。

ここでは失敗しないためのポイントを紹介します。

店舗開業型のネイルサロンで失敗しないコツ

繁華街にネイルサロンを開業すれば必ず成功しそう、そう思ったら失敗の元です。

まず、店舗型ネイルサロンを利用する顧客層はOLが中心になります。

通勤の途中でふらっと立ち寄れるような立地でないと新規顧客は見込めません。

人気のある有名店なら遠方からわざわざ顧客がくるかもしれません。

しかし、これから新規に開業する無名のネイルサロンなら、立地条件を一歩間違えれば命取りになります。

良い材料を準備し一流のネイリストがいても、顧客がこなければその良さは伝わりません。

だからこそ、ターゲットの動向を綿密に調査し、場所を選定することが重要です。

駅ナカやショッピングモールなど必ず大勢の人がいる場所ならそこまでの心配はないでしょう。

しかし、これには盲点があります。

人が集まる場所は当然ですが賃料も高くなります。

オープンしたばかりで固定客がいない状態でも、賃料の支払いは毎月あります。

開業資金がギリギリなら、いくら立地条件が良くても資金ショートしてしまいます。

資金と立地条件を照らし合わせて、事業計画を綿密に練ることが失敗しないポイントです。

自宅開業型のネイルサロンで失敗しないコツ。

自宅のスペースを利用してアットホームなネイルサロンを開く。

そんな自宅開業型のネイルサロンを検討している人も多いのではないでしょうか。

店舗開業型との一番の違いは家賃がかからないことです。

この家賃がないだけでもスタート時点では資金的に余裕がでてきます。

そんな自宅開業型でも失敗は少なくはありません。

アットホームが売りの反面、顧客満足度低下を招く原因にもなります。

サロンのスペースは居住空間と切り離すことができますか?

居住空間との仕切りがない場合には、生活感を一切見せないで対応できますか?

立地的には店舗開業型の方が断然有利です。

それにもかかわらず顧客が自宅開業型サロンを選ぶ理由は「アットホームな空間」を求めているからです。

でもアットホームは「生活感」とは違います。

「顧客」がくつろげる空間の演出が重要です。

ネイルサロンオーナーがくつろいでいる「生活感」を感じたら顧客は二度とこないでしょう。

インテリア、食器なども日常生活で使用しているものとは切り離してください。

あなたにとって自宅でも顧客の自宅ではないのです。

この辺の認識をしっかり持って、おままごとではないビジネスとしての「アットホーム」な空間を売りにしましょう。

ネイルサロンの集客で失敗したくないのならリピーターを大切に

店舗開業型、自宅開業型、どちらもオープン当初は新規開拓が必須になります。

対象のエリア圏内でチラシを配ったり、ホームページを作ったり。

最低ラインのことをすれば新規顧客が0ということはありません。

ただし、どの開業形態を選んでもエリア圏内の対象顧客数は限られてきます。

対象エリアを拡大しても、よほど評判の良いサロンでなければ遠方からの集客は難しいでしょう。

まずは来店したお客様一人一人にリピーターになってもらうことを目標としてください。

接客やネイルの仕上がりの満足はもちろん、リピーターへのクーポンや回数券を用意するのも効果的です。

初めてのネイルサロンは緊張します。

リピーターができれば、その顧客が口コミで新たな顧客を連れてきます。

そしてまたその顧客が新たな顧客へとつながります。

このように、ネイルサロンの集客はリピーターと顧客による口コミが最も有効的です。

リピーターが定着すれば収益も安定します。

新規顧客ばかりに目を向けず、既存顧客を大切にする、これが失敗しない集客の近道です。

開業スタイルにこだわりはないけど、とにかく大失敗だけは避けたい!!それならレンタルスペースです。

初めての開業であれば、立地条件の良いスペースを低コスト・低リスクでレンタルできる「ネイルサロン専用スペース」から始める方法があります。

<レンタルスペースはこんな人にオススメ>

・自宅・店舗型など開業スタイルにこだわりはない。

・開業資金をとにかく抑えたい。

・ランニングコストを抑えたい。

・独立したらどんな感じなのかまずは試してみたい。

・とにかく大きな失敗だけは避けたい。

ネイル専用のレンタルスペースであれば、必要な器材も全部揃っています。

空調や水道・トイレなどの設備準備費や、敷金・礼金・家賃なども必要なく、借りた時間分だけを支払えばOKというわかりやすさと手軽さが魅力です。

サロンの運営に自信がないという人は、「ネイル専用のレンタルスペース」からの開業が、リスクも少なく安心できるのではないでしょうか。


26回の閲覧

最新記事

すべて表示

神奈川県の休業協力金第2弾(10万円)はフリーのネイリストも対象になりました!

神奈川県の休業協力金第2弾が2020年6月8日(月)から募集開始となりました。 施設の所有や賃借等をしていないフリーのネイリストや個人事業主の方 (基本的には、個人事業主として税務署に申告していることが必要です。) も対象となりました。 【交付額】1事業者あたり10万円 【交付要件等】 ・中小企業又は個人事業主等であること。 ・令和2年5月6日以前に開業しており、営業の実態があること。 ・休業等を

神奈川県小規模事業者支援推進事業費補助金(50万円)のご案内

7月19日に神奈川県より、 販路開拓や業務の効率化のために必要な費用の 3分の2を補助(上限50万円まで) する助成金の募集が始まりました。 (締め切りは8月30日) http://www.pref.kanagawa.jp/docs/jf2/cnt/f538000/index.html たとえば、新たな取り組みのための ・ネイルマシーンや棚などの備品の購入 ・ホットペッパービューティ

​ネイリスト専用レンタルサロン 「モンレーブ」
住所:〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2丁目11−2 スカイメナー 横浜ビル316号室
TEL:045-662-8330
運営会社:株式会社フォワード・グッド
最寄り:横浜駅徒歩3分
・JR東日本 横浜駅
・横浜市営地下鉄ブルーライン 横浜駅 
・東急東横線 横浜駅 
・京急線 横浜駅
​・相鉄線 横浜駅